さして意味なし、面白くもなし

2018年 5月 5日 ナイトマリンライブ Part5

c0186760_14454475.jpg
c0186760_14454747.jpg
c0186760_14455291.jpg
c0186760_14455518.jpg
c0186760_14455961.jpg
ラヴウォーク!
以前は定番でしたけど、最近は稀!
c0186760_14460685.jpg
c0186760_14461048.jpg
c0186760_14461305.jpg
c0186760_14461730.jpg
c0186760_14462112.jpg
(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

写真を撮ってみて思うのは、カメラの進歩が素晴らしい。(笑)
ピントは合うし、露出は安定しているし、有難いことです。

マリンライブのことを書くと、演技が出来るイルカやオキゴンドウが、亡くなったり、繁殖のためにライブを離れたりと、技の進歩がなかなか難しいようです。
以前、定番だった演技も、アンコールでたまに見られるかどうかという感じにもなったりして、より一層の高度化が難しくなっているようです。

しかし、他の水族館のイルカショーのレベルが上がってきて、イルカの演技だけに関して大きな差がなくなって、マリンライブの魅力度を上げるということが大きな課題になっているようです。

それで、テーマを打ち出して、演出に拘るつくりになっているようですけど、これも試行錯誤の途中でしょうね。

なかなかライブに出演できなかったトレーナーさんや出演しても失敗が多いトレーナーさんを見ながらマリンライブを楽しんでいた立場としては、完成されたマリンライブで感動をするというよりは、完成を目指して取り組んでいる姿を見る方が、マリンライブの楽しみ方としては、何度も見ることが出来て、イルカやトレーナーさんへの親しみも増して、良いのではないかと思っているのですが、それは、客の立場だから言えることかも知れませんね。

次は、夏ですね。


[PR]
by speed-swing | 2018-05-06 15:30 | アドベンチャーワールド | Comments(0)