さして意味なし、面白くもなし

タグ:草食動物 ( 61 ) タグの人気記事

そんなところに!

ウォーキングサファリをすると、最後の方に会えるヒマラヤタールさんですが、いくら崖が好きだと言っても、そんなところに立たなくてもと思うところに、たまにいてくれます。(笑)
c0186760_09455822.jpg
平らでもないところに、四本の足でバランスをとって立っています。
落ちそうで落ちません。
c0186760_09460208.jpg
恐ろしいことに、あんなバランスの悪そうなところから、こんなバランスの取り辛そうなところに移動ができます。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

たまにこんな能力を見せてくれるのが良いですね。


[PR]
by speed-swing | 2017-09-24 09:51 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

待て!?

アニマルカーニバルに出演中のミニブタさん!
スタッフさんに、『待て!?』と言われて、ジッとしてました!
c0186760_09101435.jpg
ジッとしてくれると、とても撮りやすくて、素人カメラマンには有難かったです。(笑)

お許しを待って、スタッフさんを見つめている表情が、とても愛らしいですね。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)


[PR]
by speed-swing | 2017-09-24 09:14 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

ヤギがいた!

少し前までマーラの子供がいた場所にヤギがいました。
c0186760_16262592.jpg
体の模様がウシみたいと思っていたら、
c0186760_16262797.jpg
ヤギはウシの仲間だそうです。
c0186760_16263096.jpg
でも、ホント、ウシみたい!(笑)
c0186760_16263386.jpg
やっぱ、ウシだ!(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

放し飼いしてくれないかな?


[PR]
by speed-swing | 2017-09-01 16:29 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

ホースキャンプがオープンしてた!

朝、いつも通りに海獣館を通って、ふれあい広場の大きい池にいるモモイロペリカンを見ようと歩いていきますと、以前は、通行できなかったパンダラブの横から道が延びてました。

少し前から工事を行っていたところが完成し、ホースキャンプとして昨日オープンしていました。

c0186760_00524969.jpg
ここで行われるアトラクションは、『チャレンジホース』と『ミニチュアホースと散歩』と『大きい馬の馬車』の3つです。

『チャレンジホース』は、30分間の乗馬体験で、話を聞くところによると、親しい常連さんが1番乗りだったようです。
料金は2,500円で別途300円が障害保険料が必要のようです。

万が一ということなんでしょうけど、料金が2,800円で良いような気がするのですが、裏事情があるのでしょうか?(笑)

まぁ、保険が掛かっているので、怪我までなら安心です。(違うか?)

『チャレンジホース』は、中学生以上(身長140cm以上)と体重が80kg以下という制限があります。

私は、20数年前から乗れない運命でした。(笑)

ちなみに、『大きい馬の馬車』を引っ張っている馬なら体重が80kg以上でも乗れますけど、馬が大きくて、鞍が特注になるので用意していませんとのことでした。

お話を伺ったスタッフさんに、少し期待を抱かさられて、オチをつけられました。(泣)
c0186760_00525463.jpg
なんで写真を遠くから撮っているかといいますと、どこまで入って良いものなのか分からなかったので、少し遠慮しながら撮ったからですが、柵の外なら奥まで入ってもらっていいとのことでした。
c0186760_00525847.jpg
『ミニチュアホースの散歩』は体重が80kg以上あっても出来ます。
c0186760_00530463.jpg
『大きな馬の馬車』の大きなお馬さんは、北海道のばんえい競馬の馬の系統の雑種だそうです。

私としては、鞍さえあれば、乗れるかもしれないこの馬がイチ押しです。

昨日は、たまたま馬車を引っ張っている時間にホースキャンプに寄ったので、写真がほとんど撮れませんでしたが、次はその時間帯を避けて行ってみたいと思います。

日中は暑いので、別の場所で休んでいるかもしれないな?
聞きそびれてましたね。次行ったら確認してみようっと!

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

c0186760_01285967.jpg
ちなみに、『fun fun アニマルズ』に、4頭出演していました。


[PR]
by speed-swing | 2017-07-23 01:31 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

フタコブラクダさん!

フタコブラクダを見いにきますと、スタッフさんがお世話していました。
パチパチと数枚写真を撮ってますと、『撮れましたか?』と聞いて下さったので、ちょこっと質問しました。

ファミリー広場には、以前はヒトコブラクダさんがいましたが、たぶん高齢化のため、フタコブラクダさんを4年前に導入されたようです。

年齢を聞きますと5歳ということだったので、4年前は1歳だったようです。
身体は、二回り以上大きくなって、もう大人の大きさのようです。
c0186760_11243854.jpg
質問したのは、『ヒトコブラクダとフタコブラクダのどちらが関わりやすいですか?』です。

お答えは、『ヒトコブラクダ』でした。
但し、冬の寒さとかは、『フタコブラクダ』の方が対応力があって、飼育はしやすいようです。

だとすると、どんなところが、『ヒトコブラクダ』なんだろう?

聞かなかった!

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

気になるなぁ?(笑)

[PR]
by speed-swing | 2017-05-22 11:43 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

フタコブラクダのコブ!

嫁さんの年間パスポートを受け取りにサポートセンターに行ったあとに、ファミリー広場に寄ってみました。
アドベンチャーワールドに通い始めた頃には、猛禽類好きと間違われるほど、毎回のようにファミリー広場で行われていたスカイコンタクトを見ておりましたが、最近はスカイコンタクトもなくなったようで、ご無沙汰気味になりがちなファミリー広場です。

坂を下りている途中に確認すると、フタコブラクダが2頭とも座っていたので、見に行きました。
c0186760_20283877.jpg
タイミングよくあくびをしてくれたので、ちょこっと連写しました。
c0186760_20294551.jpg
毛の白い方のフタコブラクダが柵のそばで座っていましたので、ふと思って、コブを触ってみました。
コブの中には、昔は水が溜まっていると教えられたような気がしますが、実際は、脂肪を蓄えているみたいです。
c0186760_20331212.jpg
脂肪と言えば、自分の腹に蓄えているものと一緒ですから、柔らかいと思いきや、触ってみると案外堅かったです。
c0186760_20331838.jpg
考えれば、柔らかかったら、山のようなコブにはならないですよね。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

昔、ヒトコブラクダがファミリー広場で活躍していたのですが、今はフタコブラクダが2頭で頑張ってます。
どちらのラクダさんも、ボーっとノンビリしているので、スタッフに良く叱られている印象があります。(笑)



[PR]
by speed-swing | 2017-05-07 20:49 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

カバさんの散歩!

ふれあい広場内を歩いていますと、カバさんが大きく口を開けていたので、近寄って写真を撮ろうとすると閉じられました。
長年の経験から、動物は行動を繰り返すはずだと思って、しばらく様子を見ることにしましたけど、そんなに都合よく行動を繰り返してくれるはずもありません。(笑)
c0186760_16140256.jpg
しかし、時間を使ってしまった以上無駄に過ごすわけにもいかず、なんか面白いことがないかと、やはり、待つことにしました。
水面から鼻と目と耳が出るのは、ワニと一緒ですね。
c0186760_16143318.jpg
しばらく様子を見ていると水の中から出てくれました。
c0186760_16150302.jpg
全身のご披露!
c0186760_16153933.jpg
おやつタイムで食べ残したものを食べ始めました。
c0186760_16160924.jpg
獣舎前をゆっくり歩き、
c0186760_16162454.jpg
戻ってきました。
c0186760_16171512.jpg
池に戻るのかと思えば、運動場の草を食べ始めました。
c0186760_16172163.jpg
運動場の奥に向かって行きました。
c0186760_16172608.jpg
木の後ろを通り、壁沿いに歩いていました。
c0186760_16173002.jpg
目の前に来てくれました。
c0186760_16173557.jpg
再び向きを変え、
c0186760_16174039.jpg
池の方に戻ってきました。
c0186760_16174515.jpg
ここまでくれば、
c0186760_16175061.jpg
もう池に戻りますよね。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

結局、運動場を一周して、池に戻って来ただけでした。
写真はいっぱい撮ったんでそれはそれでイイか!(笑)


[PR]
by speed-swing | 2017-05-07 16:30 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

シカだと思い込んでいたら……!

ペリカンラグーンにいるこの動物さん、てっきりシカだと思い込んでいたら、飼育員さんがお客さんに牛だと説明されていました。

ウシぃ~ッ!

って、なったわけです。
c0186760_11341241.jpg
シタツンガという、ウシ目ウシ科の動物だそうです。
神戸どうぶつ王国には、メスしかいないようで、体毛が日本のシカと似ているので、なんの疑いを持たずにいました。

調べてみると、オスは、体毛が灰褐色で、角も生えて、身体も大きいそうです。
c0186760_11341935.jpg
いつもテキトーに写真を撮っている自分に改めて気付きました。(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)


[PR]
by speed-swing | 2017-03-15 11:41 | 神戸どうぶつ王国 | Comments(0)

チャップマンシマウマの赤ちゃん!

今年の2月24日にチャップマンシマウマの赤ちゃんが生まれたと、アドベンチャーワールドのホームページで知ったので、撮りに行きました。
c0186760_22033870.jpg
行ったは良いのですが、親子とも爆睡中でした。(笑)
野生下では有り得ないぐらいの熟睡です。
c0186760_22034417.jpg
お母さんが起きてくれたので、赤ちゃんも起きてくれるかと期待したのですが、
c0186760_22035051.jpg
赤ちゃんはそのままダウンです。(笑)
c0186760_22035542.jpg
ようやく起きてくれたのが、15分後です。
お母さんが近づくと目を覚ましてくれました。
c0186760_22035777.jpg
比較的すぐに立ち上がってくれました。
c0186760_22040130.jpg
c0186760_22040873.jpg
ミルクタイムです。
c0186760_22041368.jpg
その後はお母さんの後ろをついて、歩いていましたが、頭を搔いている間に、
c0186760_22042018.jpg
お母さんに見捨てられました。(笑)
c0186760_22042630.jpg
少し近づいてくれたので、撮りました。
お母さんから少し離れることもあるようです。
c0186760_22043080.jpg
お母さんがお食事中にミルクを飲もうとしていたのですが、お母さんに拒否されてました。
c0186760_22043677.jpg
グレて、寝たわけではありません。
c0186760_22043992.jpg
またまた、頭を掻いてました。
c0186760_22044547.jpg
とても小さくて、可愛らしかったです。
たくさんのお客さんが、キリンの餌やりに夢中で、余り赤ちゃんを見ていないことを残念に思います。
約1時間掛けて、撮りました。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)



[PR]
by speed-swing | 2017-03-04 22:19 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

アルパカの赤ちゃん、お散歩練習中!

昨年11月30日生まれのアルパカの赤ちゃん、まだ、生まれて1ヶ月を過ぎたところなんですけど、首輪をつけての散歩の練習を始めてました。
c0186760_21244463.jpg
まだ、首輪に慣れていないのか、時折、愚図ってましたけど、飼育員さんに連れられて、ファミリー広場内を歩いてました。
c0186760_21244725.jpg
散歩に慣れたら、次はお客さんとの触れ合いが出来るようにするそうです。
c0186760_21245176.jpg
ということで、もうしばらくすると触れ合えるということです。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)


[PR]
by speed-swing | 2017-01-07 21:30 | アドベンチャーワールド | Comments(0)