さして意味なし、面白くもなし

タグ:モモイロペリカン ( 87 ) タグの人気記事

モモイロペリカンの好奇心!

モモイロペリカンのネタばかり書いていると、もしやジャイアントパンダよりもモモイロペリカンの方が好きなのではないかと疑われそうですが……。(笑)

頭が良いとなると、個性がはっきりしてきます。
展示場内だけでは飽き足らず、外の世界に興味が湧くのでしょう。
展示場から出てくる個体も現れます。

c0186760_09451434.jpg
コツメカワウソを見たあと、さらに足を延ばします。
c0186760_09452020.jpg
『あいつら、モモイロペリカンっていうんだ。』と、勉強中です。(笑)
c0186760_09452700.jpg
モモイロペリカンの展示場の隣のベニコンゴウインコの展示場に乱入して、ちょっかいを出していました。
くちばしで挟みにいってますけど、攻撃という感じではなくて、甘噛み風です。
ただ、ベニコンゴウインコの立場から言えば、身体の大きなモモイロペリカンだとそばにくること自体怖いでしょうけど、急いで逃げる風でもなく、案外堂々としています。
c0186760_09453211.jpg
ウサギともご対面です。
ウサギは、噛まれそうになったあと、さっさと逃げてましたけど、ウサギが逃げるのが楽しいのか、追いかけてました。(笑)
c0186760_09453810.jpg
モモイロペリカンは、高いところが好きです。

高いところが好きというのは、人間社会では『バ○』と言われますよね。
賢そうではありますけど、『バ○』でもあるわけで、可愛い鳥だと思います。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

人工育雛で育てられたようなので、人間を怖がりませんから、どうどうと出てきて散歩が繰り返されると思います。
ただ、犬や猫とかと違って、身体に触れるのは苦手なようですから、触ろうとすると噛んできます。
くちばしの先は尖っていますので、くちばしが顔の辺りに届きやすいお子様は、近寄るのは厳禁だと思います。
身体の大きなオスだと、大人でも身長が170cmぐらいまでの人だと、顔にくちばしが届きますよ!

腕を噛まれたときは、慌てて手を引かないようにして下さい。
上のくちばしの中はギザギザしていますので、切り傷が出来ます。
噛む力は弱いので、逆らわなければ大きな傷にはなりません。

まぁ、出てきていてもそばに寄らないのが一番です。

とは言っても、私は近寄るだろうなぁ!?(笑)


[PR]
by speed-swing | 2017-05-22 10:31 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

モモイロペリカンのいたずら!?

動物は基本、食べているか、寝ているかなんですが、それに遊びの要素が加わると、とても見ていて楽しい・癒されるものになりますよね。
動物の遊びは、だいたい餌をとる・繁殖をする行動から派生するようではありますが、それとはまったく関係なさそうな行動をとる場合もあります。

モモイロペリカンは、私の経験上、人の顔を区別することが出来ますし、それに、好奇心も相当高いのだろうなと感じています。
c0186760_09121812.jpg
池のほとりにタンチョウやガチョウの餌の販売機が設置されているます。
餌としてはモモイロペリカンには全く興味のないものではありますが……、
c0186760_09122677.jpg
餌を入れる紙コップに興味が出たようです。
c0186760_09123297.jpg
くちばしで挟んで、引っ張ると出てくることが分かったみたいで、
c0186760_09123981.jpg
紙コップを引っ張り出して、散らかしてました。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

何度か、紙コップを戻したのですが、戻すとふたたび遊べるわけですから、収拾がつかなくなって、私が諦めました。(笑)


[PR]
by speed-swing | 2017-05-22 09:36 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

モモイロペリカン、孵化後2週間目の雛!

前回、アドベンチャーワールドに行った時に孵化していたモモイロペリカンの雛ですが、その後の様子を見に行きました。
今回は、人工育雛ではなくて、親鳥に子育てを任せているようで、ちゃんと足元に雛がいました。
c0186760_22145832.jpg
しっかり黒くなっていますね。
しかし、あんまし可愛くないんだよな!(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

[PR]
by speed-swing | 2017-05-21 22:42 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

モモイロペリカンの雛が孵化しました。

アドベンチャーワールドに頻繁に通い始めるようになって、10年近くになります。
長く通っていますと、知り合いが自宅の近所より圧倒的に増えまして、マリンライブやジャイアントパンダ、チーターなどに詳しい常連さんとも親しくなりました。
また、スタッフにも顔を覚えていただけているようで、時折、声を掛けていただけます。

私も何か詳しいものをと思い、あるきっかけで興味を持ったモモイロペリカンにそこそこ詳しくなったのですが、他の常連さんにはほとんど需要のない情報となっており、常連さん内での役立たずは相変わらずの状況です。(笑)

基本、アドベンチャーワールドに行きますと、雨さえ降って無ければ、まず訪れる場所はモモイロペリカンの展示場です。
途中、寄り道もしますが、必ず一度は見に行ってます。

c0186760_15075313.jpg
昨日も、モモイロペリカンの展示場に向かいますと、ベテランスタッフさんがいらっしゃり、私の顔を見て、モモイロペリカンの雛が孵化したことを教えて下さいました。
c0186760_15083149.jpg
奥に巣を作っているペアの雛が孵化したようです。
足元にピンク色の物体がありますが、これがモモイロペリカンの孵化したばかりの雛です。
孵化したばかりはピンクですが、すぐに黒くなって、しばらく経つと茶色の羽で体が覆われるようになります。
c0186760_15083870.jpg
手間の羽を広げているペリカンの足元にも卵が2つあります。
c0186760_15084622.jpg
見えづらいですが、くちばしの下のピンクが雛です。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

昨日のスタッフの様子を見ると、親鳥が順調に餌を与えられるのであれば、このまま自然育雛になると思います。
比較的見やすい場所に巣を作っていますので、運が良ければ小さな雛が見られるかも知れません。
ただ、ピンクでいてくれる期間は1週間あるかなしかだったと思うので、見たい方はすぐにでも行かれた方がよろしいかと思います。
小さいのでなかなか見られないと思いますから親鳥が動くのを待つ長期戦覚悟でお願いします。


[PR]
by speed-swing | 2017-05-07 15:27 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

鳥さんが戻ってきてた!モモイロペリカンのカンちゃん!

この冬は鳥インフルエンザが日本全国で猛威を振るい、アドベンチャーワールドの屋外で飼われている鳥たちは全て室内待機となってました。
モモイロペリカンたちは一時、ふれあい広場のゴシキセイガイインコがいるバードハウスにいたのですが、ある時期から人目につくところには展示されなくなってました。

昨日久し振りに行くと元通り展示されていました。

そういうことで、モモイロペリカンのカンちゃんを探したところ、ふれあい広場の大きな池の方に展示されていました。
c0186760_11284477.jpg
こちらの展示場は、子供のモモイロペリカンたちが展示されているのですが、カンちゃんペアだけこちらにおじさん(笑)のくせに展示されていました。

理由は、小さな池の方の展示場では、他のペアたちが抱卵しているようで、以前に悪さをしたかことがあるカンちゃんは隔離されているのだと踏んでおります。(笑)
c0186760_11284986.jpg
お子様ペリカンの中に混じって、おじさんが餌をもらうのに奮闘しておりました。
まだまだ、食欲があり、元気なようです。
c0186760_11285204.jpg
お魚を投げてもらったところ、上手に受け止められず、右肩(?)にお魚を乗せたまま、スタッフにお魚をねだってて、なかなかのおバカさで、とっても可愛らしいです。
c0186760_11361625.jpg
鳥が見える場所からいなくなると、動物園ってほんと寂しい雰囲気になります。
鳥インフルエンザは数年周期で流行するようなので、動物園にとっては大きな課題でしょうね。
c0186760_11361923.jpg
神戸どうぶつ王国でモモイロペリカンを見ると、よく飛びますし、高いところも好きなようですから、大きな展示場を持っているアドベンチャーワールドこそ、飛翔を見られる展示場を作ってもらえないかなと切に願いたいところです。

(OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

また雛が誕生するとますますモモイロペリカンばかりになりますからね。
展示に工夫をしてもらいたいです。


[PR]
by speed-swing | 2017-05-02 11:53 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

鳥インフルエンザの影響で!

日本各地で流行している鳥インフルエンザの影響で、アドベンチャーワールドの鳥たちも隔離されています。

ふれあい広場のモモイロペリカンも屋外の展示場ではなく、ゴシキセイガイインコのバードハウスにお引越ししてました。

c0186760_2254944.jpg

これはペリちゃん!

最初はペリちゃんとカンちゃんしかいなかったアドベンチャーワールドのモモイロペリカンも、他園よりの移動と繁殖の成功によって、とても増えています。

c0186760_2255383.jpg

これはペリちゃんの子か孫?(笑)
光の当たり具合が良かったので!

両手の指の数を超えたあたりから計算できなくなっていたので、今回、一斉にバードハウスに集めてくださったので、数えることが出来ました。

c0186760_2255642.jpg

これはカンちゃん!

フィリピンペリカンが1羽いるのですが、それ以外はモモイロペリカンで20羽いました。
アニマルランドにも、何羽かいるはずですので、アドベンチャーワールドのモモイロペリカンは両手・両足の指の数以上にいるということです。

c0186760_226016.jpg

これもカンちゃん!

2羽しかいなかったのに、10倍以上に膨れ上がっています。
それもほとんどペリちゃんのご子孫で、カンちゃんはそれに貢献できておりません。(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

最近、アドベンチャーワールドのモモイロペリカンは、展示場をよく引っ越ししますし、大きな池の方に展示されるとほとんど見られない(見られないなら展示とは言い難いな(笑))ので、カンちゃんがそばで見られたのは嬉しいですが、触れないのがつまんないです。

触っちゃ、ダメなのかな?(笑)


それはともかく、鳥インフルエンザはかかると殺処分になってしまうので、今年の冬は感染対策をばっちりしてもらいたいです。
アドベンチャーワールドは、野鳥がよく舞い込んできてますからね。
[PR]
by speed-swing | 2016-12-18 22:41 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

赤ちゃん撮ったど!

しばらく通わない間にたくさんの赤ちゃんが生まれていたようです。
皆さんも気になっていると思います。
その中でも一番注目されているだろうと思うモモイロペリカンの雛です?(笑)
c0186760_20115235.jpg
2羽生まれていました。
c0186760_20115601.jpg
いつ孵化したのかもお知らせがない寂しい扱いです。
それにしてもたくさん増えました。ふれあい広場がモモイロペリカンだらけになりそうです。(笑)
c0186760_20122122.jpg
6月に生まれたバンドウイルカの赤ちゃんです。なかなか水面に顔を出してくれない上に、顔を出すときは突然なもんで、1時間近く粘ってやっと撮れました。
c0186760_20123282.jpg
注目のエンペラーペンギンの雛です。
モモイロペリカンの雛とは比べられないぐらいたくさんのお知らせがありました。
c0186760_20123877.jpg
人工育雛から自然育雛へ移行するために、人の姿を見せないためでしょうか、ガラスにフィルムが張られていまして、写真を撮るには明るさが足りません。
c0186760_20124200.jpg
写りは悪いですけど、可愛いのでアップします。
体重が800gを超えると親の元に返すみたいです。
今日は500gを超えたあたりでしたが、成長は恐ろしく早いので、近くで見られるのは来週辺りまでかも知れませんね。
c0186760_20124884.jpg
最後はジャイアントパンダの赤ちゃんです。
どうせ見ることは出来ないと思ったので、モニターに映った姿を撮っておきました。(笑)
c0186760_20125262.jpg
ガラス面前に辿り着く前に撮れた写真です。
折り返してガラス面に着いた時には良浜ママが抱っこして寝てしまいました!(泣)

撮ってて良かった!(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

パンダの赤ちゃんは、長時間並んでも見られないことが多々ありますので、お気を付けください。
私は、いきなり経験をさせてもらいました。(笑)

そう言えば、ホッキョクグマはどうなのかなぁ?生まれないのかなぁ?

レッサーパンダの赤ちゃんも見てないな!(笑)

[PR]
by speed-swing | 2016-10-29 20:34 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

散歩が日課?(笑)

アドベンチャーワールドに入園すると、海獣館を通り抜け、センタードームで手洗いに行き、それからふれあい広場にモモイロペリカンを見に寄るのが日課です。(笑)
基本、モモイロペリカンには愛想という態度はないのですが、人を見分けることが出来るほど、頭は良いです。
また、人工育雛の個体も増えて、人馴れしているので、とても近くに寄ってくれます。

モモイロペリカンと人間のコミュニケーションは、大きく分けて、2つです。
気に入った人間を追いかけると、そしてもうひとつ、噛むです。(笑)
c0186760_20253529.jpg
一時期、私を追いかけてくれたことのあるカンちゃんです。
彼女が出来てから、私を忘れて、彼女を追いかけてます。(笑)

でもでも、そばに寄ると噛むというコミュニケーションをとってくれることもあるので、手を延ばします。(皆さんは真似てはダメですよ!確実に怪我をします。)
機嫌が良かったのか、噛んでくれたので、調子に乗って、他の個体でも楽しみました。

モモイロペリカンのくちばしは、よく見ているとわかると思うのですが、もので遊んだりするために使ったりするので、人間の手の役割も担っているようです。
だから、噛むと言っても、とっても、甘噛みで攻撃をしているという感じではありません。
よって、対処法を知っていると大きな怪我はしません。(怪我はするんかい!(笑))
c0186760_20253947.jpg
それが本題ではなくて、朝一に展示場に寄ってますと、スタッフさんの怪しい会話(笑)に気が付いて様子を見てますと、スタッフさんがペリカンを追いかけ始めました。
『どうしたんですか?』と、伺いますと、『別の展示場から勝手に来ているので、戻すんです。』との返事でした。

モモイロペリカンを追いかけているスタッフの後ろをモモイロペリカンの幼鳥が追いかけていました。
育ててくれたスタッフを覚えているんでしょうね。(笑)
c0186760_20254257.jpg
別のスタッフさんが、『毎日大変だ!』と言われたような気がしたので、たぶん、毎日のように脱走しているんでしょうね。(笑)
c0186760_20254568.jpg
頭が良いので、追いかけている理由は分かっているのでしょう。
元の展示場に戻ろうと足を進めるわけですが、それでも、勝手に移動する奴らです。
まっすぐ帰るわけはありません。
寄り道をしながら、ボチボチと帰っていきます。
c0186760_20255274.jpg
ふれあい広場の中で自由に過ごしてもらったら、面白い生態が見られるのでしょうけど、なんせ身体がデカいし、噛むしで、危ないので、遠目に見るしか出来ないわけですが、なんか、もったいないなとも思います。
c0186760_20255676.jpg
まぁ、どっちにしても、しばらく良く見られる光景かも知れませんね。
c0186760_20260246.jpg
朝一番にふれあい広場に行かれる方はほぼいないと思いますが、こんな楽しみがあるときもあります。(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

あんまり、楽しいことのなかった8月でしたが、9月に向けて、気分良く過ごせる予感のする楽しみを、久し振りに味わえました。


[PR]
by speed-swing | 2016-08-28 21:09 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

カンちゃん!

不愛想になって何年になるでしょうか?
久し振りのカンちゃんです!
昨日はたまたま写真に撮りやすいところにいてくれたので、珍しくがっちり撮れました!
c0186760_08211042.jpg
c0186760_08211450.jpg
c0186760_08211942.jpg
c0186760_08212310.jpg
c0186760_08212865.jpg
c0186760_08213264.jpg
c0186760_08213728.jpg

変わりなく元気なようで安心しました。(笑)

(OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

[PR]
by speed-swing | 2016-08-12 08:30 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

モモイロペリカンだらけ!

私がアドベンチャーワールドに通い始めた頃、モモイロペリカンは、オスが2羽、ペリちゃんカンちゃんだけでした。

その後、3羽のメスが増えて、5羽になって、それから2羽オスとメスのペアが増えて、ペリちゃんに雛が生まれて、8羽になってと、それから毎年のように増えていって、今は、両手の指の数より増えたみたいで、何羽いるのか分かりません!(笑)

c0186760_9583329.jpg

c0186760_9583799.jpg

c0186760_9584190.jpg

カンちゃん

もともとのオスが2羽いたのですが、カンちゃんは親になれていないはずので、増えた雛の血筋はほとんどはペリちゃん由来となっているはずです。

最後に来たオスのペアに雛が生まれたかどうかは情報不足でわかりませんが、出来ていると大家族になる可能性がありますね。

c0186760_9584535.jpg

c0186760_9584976.jpg


自然育雛で育った雛が少ないので、とっても人馴れしたモモイロペリカンばかりです。

(OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO)

人馴れしているので、人間を怖がらないから、そばに寄ってきます。
そばに寄ってきて、モモイロペリカンがすることは、噛みことだけです。(笑)

モモイロペリカンのくちばしは先が尖っているのと、上のくちばしの内側はザラザラしているのと、くちばしの端は鋭いので、噛まれると、擦り傷程度ですが、怪我をするので気を付けて下さい。

顔や首を狙ってくることも多々あって、目に当たると危ないので、注意が必要です。


と言いながらも、私はあちこちを噛まれることを楽しんでいます。(笑)
なんせ、可愛いからね!
[PR]
by speed-swing | 2016-08-01 10:48 | アドベンチャーワールド | Comments(0)