さして意味なし、面白くもなし

エンペラーペンギン 118日齢

本日、曇り予報でしたが、午前中は、ちらほら雨も降ったりしていました。風も強く、天気が余り良くなかったので、建物の中を中心に回りました。あとで、振り返ってみると、パンダランド、ビッグオーシャン、海獣館、アニマルランド、ファミリー広場、ふれあい広場、アニマルランド、ペンギン王国、ファミリー広場、海獣館、ペンギン王国と巡っており、風が強くて、気温以上に寒く感じましたが、いろいろ楽しめたと思います。

エンペラーペンギンの雛が生まれていることは知っていたので、これまでも何度か見ていましたが、今日、久しぶりに寄りますと、とんでもなく大きくなっていました。
姿も大人の羽根に生え替わるところで、胸元当たりはペンギンらしくなっていました。
もうしばらくすると大人のエンペラーペンギンと見分けがつかなくなりそうなので、興味のある方は早くご覧になったほうが良いかもしれません。

c0186760_22362548.jpg

午後3時20分頃にペンギン王国に寄ると、エンペラーペンギンの雛は、腹這いになって寝てました。餌の時間が16時45分からと掲示されていたので、その時戻ってくることを決めて、スカイコンタクトを見に、ファミリー広場に移動しました。
余談ですが、スカイコンタクトでは、風が強かったため、ハリスホークがどこか遠くへ飛んでいくというハプニングがありました。以前は、ハクトウワシがスタッフを飛び越えて、カメラを構えていた私の頭付近に落ちてくるハプニングもありましたし、アドベンチャーワールドに行くと出来る限り、ハプニングを期待?して、スカイコンタクトは見に行くようにしています。
ハリスホークは、スタッフのところに戻ってきていましたので一安心です。

c0186760_22363984.jpg

偶然かもしれませんが、餌の時間になると大きく嘴を開けて、鳴き始めました。
腹時計が電波時計並に、しっかり機能しているのでしょうか?(スタッフが側に来ていることに気付いたからかもしれません)
胸の白いところが雛の毛が抜けたところです。嘴の届くところから雛の羽根が抜けるそうです。

c0186760_22365718.jpg

餌は、ホッケだそうで、サイズは10cm前後あるように見えました。1kgぐらい与えるそうですが、今回は3匹残したところで、満足したのか寝始めましたので、餌やりは終了でした。
餌の量は、その都度違うそうで、用意した分を残したからといって特に問題はないそうです。
それにしても、見事な食べっぷりでした。

(E-3、50mm F2.0 Macro)
[PR]
# by speed-swing | 2009-01-31 23:14 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

写真整理中 鳥さんたち

1年近くアドベンチャーワールドに通っているので、相当数の写真を撮ってます。
ただ、撮って保存しているだけで、整理をしていないので、ボチボチ出来のいいのと、悪いのとを分けておこうかと思いました。(基準は、私の価値観です!)

c0186760_582331.jpg

『呼んだ?』

声掛けて、振り向いた瞬間のようなシーンです。アヒルは撮りやすい被写体ですが、写ってもツマンナイ感じになりやすいので、非常に難しいです。見慣れているので新鮮味がないですしね。
スカイコンタクトに出演していますが、なかなか、スタッフの思い通りにならないところが、笑えて楽しいです。
(E-3、50-200mm F2.8-3.5 SWD)

c0186760_593329.jpg

『凛々しく』

シロフクロウは表情が豊かで、とても、大好きな被写体です。
どうも、上から目線で見られているようで、品格では、完璧に負けているように思えます。
警戒心が強そうなので、人がたくさんいるところは、苦手なのではないかと思うのですが、スタッフの腕の上で、おとなしくしているところを見るとスタッフとの信頼関係はできているのでしょうか。
(E-30、50-200mm F2.8-3.5 SWD)

c0186760_5103578.jpg

『光の中で』

ペリカンは大きな鳥で、近くで見ると迫力あります。
何度かレンズを向けますが、どんな風に撮ったら良いかいつも迷います。
これはたまたま逆光の状況で、そばに寄って来たので、写してみました。
排水口がちょっと残念かも!
(E-3、50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
# by speed-swing | 2009-01-29 22:34 | アドベンチャーワールド | Comments(0)