さして意味なし、面白くもなし

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

モモイロペリカンの雛ですが!

アドベンチャーワールドと言えば、モモイロペリカンです。
ご異論多数は承知の上で、断定しております。(笑)

そこで4月29日に孵化したモモイロペリカンの雛に会ってきました。

c0186760_2225831.jpg

まぁ、取り敢えず、赤ちゃんにしては、そんなに可愛くないのです。

c0186760_223285.jpg

ガラス面前に居座っておりますと、通り過ぎる方が、『可愛くない。』や『恐竜みたい。』、『黒い。』などと言われておりました。
ある人からは、『見ると手羽先が食べられない。』という発言も聞こえました。

c0186760_223531.jpg

モモイロペリカンの雛がそないに可愛くないのは、目立たないためです。
親が白く綺麗で目立つので、その影に隠れて、安全な姿がこの姿です。
成長も早くて、孵化後2ヶ月ぐらいで、大人の大きさぐらいには育ちます。
小さい姿もあと2週間ぐらいでしょうか!?

c0186760_223935.jpg

今回、人工孵化を試み、人工育雛をしている理由は、繁殖期に卵を取り上げると、追加で卵を産んで、孵化する個体数が増えるからだそうです。
今は、ペリちゃんペアが卵2つ、カンちゃんペアが卵1つ抱えているそうです。
カンちゃんペアの卵の件は、後程、お話があります。

c0186760_2231247.jpg

実は、昨年産まれて、親に育てられた雛と、今回、人工育雛している雛の成長には差異があって、昨年、親に育てられた雛の方が成長の速度が速いそうです。

ただ、昨年の雛は、オスということで、今回の雛がメスであれば、その差は性別の差なんでしょうけど、同じオス同士なら、親が育てる方が、成長が早い理由があるのでしょうね。

c0186760_22316100.jpg

ガラス面前に居座っておりますと、ベテラン獣医師さんから、『離れられませんか?』と尋ねられました。
そんなに可愛くないんだけど、離れられませんでした。

c0186760_2231991.jpg

みなさんはご存知かどうかは知りませんが、モモイロペリカンは明らかに人の区別をつけております。
後は、興味があるかどうかで、反応しているようです。

昔、カンちゃんが私に懐いていたとき、私の隣に立っている人を噛もうとしましたが、赤の他人が隣にいるときには反応しませんでした。
それは見事なものでした。

c0186760_223234.jpg

そこで、人工育雛された雛は人懐っこくなり、人への興味が高いはずです。
そうなれば、何度も顔を見た人を覚えてくれるはずです。
幸いガラス越しとは言え、今はとっても近くで会えるわけですから、このチャンス逃すわけにはいきません。

それで、ガラス面前から離れられなかった訳です。(笑)

しっかりした目線もくれましたから、懐かれるという高い可能性を秘めております。

c0186760_2232668.jpg

カンちゃんの話ですが、雛と一緒に展示されている卵が、カンちゃんペアの卵でした。
残念ながら無精卵で孵化しなかったのですけれど、実は、今も1個抱卵しているようです。
ただ、餌の時間に2羽とも卵を離れて食べに行くという親としてはあるまじき行動をとるそうで、ベテラン獣医師に親としてどうかと一刀両断されておりました。

もしかしたら、近々卵を取り上げられて、人工孵化になるかも知れません。
でも、無精卵の可能性が高いんですよね。

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50mm F2.0 Macro ZD 35mm F3.5 Macro)

人懐っこく育てられると、アニマルセレブレーションとか、ナイトパーティーなどのアトラクションにストレスなく参加してくれるでしょうから、ふれあえるモモイロペリカンに育っていくのでしょうね。
[PR]
by speed-swing | 2013-05-25 23:01 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

ルーズに楽しむアドベンチャーワールド!

最近のアドベンチャーワールドの楽しみ方は、有り得ないぐらい偏っております。

概ねビッグオーシャンとふれあい広場の往復で1日過ごしています。

c0186760_2021104.jpg

最初は、園内をくまなくまわっておりましたが、いつの頃からか今のパターンとなりました。
きっかけは、たぶん、モモイロペリカンのカンちゃんに懐かれたこととマリンライブのトレーナーさんとお話をする機会ができたことだと思います。

c0186760_20211372.jpg

それまでは、午前中のマリンライブを見たあと、午後からはサファリワールドに行き、ふれあい広場の奥まで行ったり、ファミリー広場でスカイコンタクトを見たりと良く歩いていました。

c0186760_2021166.jpg

今は、朝一でカンちゃんに会いに行ってからビッグオーシャンでマリンライブを見て、少し早めの昼食を摂って、ふれあいの里でアニマルセレブレーションを見て、カンちゃんに会って、ビッグオーシャンに行って、ケニア号に乗るか、カンちゃんに会いにいって、ビッグオーシャンに寄って、海獣館でホッキョクグマとラッコを見て、帰宅するという感じです。

c0186760_20211879.jpg

そんな感じの中で、パンダを見たり、アニマルアクションを見たり、ふれあい広場でリスザルを撮ったりしています。

何度も行っているので、ガツガツ楽しむことよりも、ここぞとばかりノンビリ過ごすことに徹しております。
ゴールデンウィーク中は、カンちゃんに会いに行った以外、日中は、ほとんどビックオーシャンに居座っておりました。(笑)

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2013-05-14 20:54 | アドベンチャーワールド | Comments(0)

次は、夏ですね!

ゴールデンウィークのナイトマリンライブも終わりました。
今回は2回だけしか見られませんでしたが、デビューから応援しているトレーナーの出演時間が長かったので、写真も撮り甲斐がありました。

c0186760_10431033.jpg

ライブ終了後にそのトレーナーに挨拶に伺いますと、何人ものファンに囲まれて、なかなか順番が回ってこなかった上に、ようやく声を掛けられたのに、来ていらっしゃったんですねと言われてしまいました。
プレミアムシートの三列目に座ってたんですけどねぇ~ッ!とっても影の薄いファンになっておりました。(泣)

以前なら、1回目のライブはあそこ、2回目のライブはこっちにいたと、見つけてくれていたんですけどね。(笑)

c0186760_10431561.jpg

そんな話はどうでも良くて、今回のマリンライブを見て、夏が待ち遠しくなりました。

c0186760_10431780.jpg

何故待ち遠しくなったのかを説明すると、皆さんに引かれると思うので、どうかと思うのですが、ちょこっと書いておきますと・・・。

c0186760_1043295.jpg


1日3回マリンライブを撮り続けているために、暗い時でも、イルカやオキゴンドウが出てくる場所がなんとなく分かるようになってきたことです。

c0186760_10433760.jpg

私がお気に入りのトレーナーの主担当はオキゴンドウです。オキゴンドウは力強い演技が魅力です。そのため、水中から水上へのジャンプがメインの演技となっています。

トレーナーを乗っけて、水上へ飛び出してくることがほとんどで、上方に目標物がないため、どっから出てくるかを予測しなくてはなりません。

c0186760_10434167.jpg

天気が良くて、水中の様子が確認できるときは、予測しやすいのですけれど、天気が悪かったり、ナイトだったりすると、勘に頼らざるを得ません。

でも、毎回のように撮っていて、ようやく気付いたのですけれど、演技するオキゴンドウやイルカはだいたい同じ場所から出てくるんですよね。

c0186760_10434577.jpg

この演技は、この辺りから出てくるなんて、経験を積み重ねて、予測がつくようになると、あとは、ピントをその位置に合わせて待っているだけで、高確率で撮れるのです。(そんなに撮れないけど!)

c0186760_10435186.jpg

今回は、運のいいことに、前日にライブをご覧になった方がビデオをアップしてくれたおかげで、事前に演技構成を確認できたため、1回目からとても撮り易くて助かりました。

c0186760_10435531.jpg

それと夏に向けてのもう一つの楽しみは、ベテラントレーナーの復帰です。
今回のナイトマリンライブには出演されませんでした。夏も出演されるかどうかは分かりませんが、必ず出てくれるものと期待を膨らませております。

c0186760_1044040.jpg

いずれにしても、もうすぐ夏です。(ちょっと気が早い!)

疲れやすい体調を整えたいと思います。

今年は、3回ぐらいスプラッシュタイムに参加しようかな!?

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2013-05-06 12:04 | アドベンチャーワールド | Comments(4)

新施設 パンダラブ!

平成25年4月20日(土)にオープンした『パンダラブ』です。
早速と言いたいところですが、オープンしてから1週間以上経ってからの初訪問です。

c0186760_2051170.jpg

永明パパ

ご存知だと思うのですが、双子パンダの海浜くんと陽浜ちゃんは、引っ越しの1週間前から展示を止めておりました。

c0186760_2051616.jpg

陽浜ちゃん

理由は、新しい施設に慣れてもらうための準備期間でした。

c0186760_2052044.jpg

海浜くん

ところが永明パパは、直前まで旧パンダランドでの展示を止めずに引っ越したそうです。
引っ越したあとも、何もなかったように過ごしていたそうで、大物は違うと思ったエピソードでした。(笑)

ジャイアントパンダって、神経質と聞いていたのですが、そうでもない奴もいるんですね。

c0186760_2052433.jpg

海浜くん

施設の写真は、望遠ズームレンズを付けている私には撮れないもんですから、ご自身で見ていただくとして、雰囲気をちょっとだけ伝えたいと思います。

特徴は、ガラスが無くて、匂いを感じます。
ちょっと暗めで、写真を撮るには、条件は少し悪いですが、それでも、ガラスが無い分、旧パンダランドの屋内展示場よりは条件は良いです。

旧パンダランドの屋外展示場より近付いてくれるときもあるので、粘って見るのも良いかも知れません。

c0186760_2052762.jpg

永明パパ

こんなに立派な施設が出来たのに、パンダの頭数が少なくってしまいました。
もしからしたら、愛浜と明浜の旅立ちは予定していたのかも知れませんが、梅浜と永浜はアドベンチャーワールドとしても予定外だったのかも知れませんね。

c0186760_2053075.jpg

陽浜ちゃん

5頭いるだけでも、中国以外では世界一なんですが、旧パンダランドの様子を見るととても少なくなってしまった気がします。

c0186760_2053325.jpg

海浜くん

出来れば永明パパのお嫁さんが来日して欲しいと思いますけど、現状では難しそうですね。

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2013-05-01 21:01 | アドベンチャーワールド | Comments(0)