さして意味なし、面白くもなし

アカテタマリンを撮る!

アドベンチャーワールドに行きますと取り敢えず1回は鳥の楽園に入ります。冬場は特に温室が暖かくて、暖を取るのにも利用しております。

c0186760_20561279.jpg

そこでアカテタマリンに出会うのですが、チョコマカとすばやく動き回り、それを目で追っているとふつふつとカメラマン魂?が目覚めてくるのです。

ばっちり撮ってやるぞと!

c0186760_20561758.jpg

アカテタマリンは体が黒いので、オートフォーカスでピントを合わすのが難しい被写体です。その上、鳥の楽園はある意味室内ですから光量も足りない場面が多いです。そして最大の難点は、動きがすばやく、顔をレンズの方になかなか向けてくれません。

c0186760_20562254.jpg

この三重苦があるのにも関わらず、鳥の楽園に入ったら、アカテタマリンを探します。
見た目写真の撮り易い場所にいると、不用意にもシャッターを押すのです。

そして、撮り損ねると、火がついて、何度も何度もシャッターを押して、収拾がつかなくなります。

c0186760_20562528.jpg

そんな訳で、私んちのハードディスクには、アカテタマリンの写真が溜まるのです。

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)

この日は、傾きかけた日が温室の中に差し込んできて、いつになく好条件でした。
[PR]
by speed-swing | 2011-12-25 09:00 | アドベンチャーワールド | Comments(0)