さして意味なし、面白くもなし

サポートツアーを初体験 サファリワールド編

昨日は、久し振りのアドベンチャーワールドになりました。
いつもと違うのは、同行者が多かったことです。高齢の同行者もいたため、これまでは頼んだことのないサポートツアーを申し込みました。

c0186760_2045055.jpg


パンダバックヤードツアーに参加することになっていましたので、午前10時から2時間サポートツアーで園内を周り、バックヤードツアーの集合場所に送っていただいて、ツアーは終了しました。(終)

オープン時間に間に合ったのですが、遠路はるばるきた為に同行者がお疲れでしたので、サポートツアーのスタートまで、エントランスドームで休憩しました。
その間に、久し振りに入口の池にいるケープペンギンを撮りました。

c0186760_20462171.jpg


写真がたくさん余りましたので、内容を少し書きますと・・・・・・、
最初は、移動距離の長いサファリワールドを案内してもらいました。
アドベンチャーワールドの入り口からサファリワールドまででも遠いですが、中に入ってからでも広いものですから、足元の弱い高齢者が動物にふれあうためにはサポートツアーの利用価値は高そうです。
とっても楽チンでした!

アフリカゾウの調教をしていました。
芸を覚えさせることよりも、飼育員の指示に従ってもらうことが大切なようですね!
飼育スタッフの異動があったようで、新しい飼育員の指示に従わないと困るので、調教をしていたようです。

c0186760_20473581.jpg


プチ情報ですが、チャップマンシマウマの赤ちゃんが1週間程前に生まれたそうです。
赤ちゃんを探したのですが、見つかりませんでした。が、しかし、1頭ボツンと座っていたシマウマが赤ちゃんでした。
無防備にも母親と離れていたので、返って分かり辛かったです。

c0186760_20482746.jpg


ヒトコブラクダさんはノンビリと座っていました。
何を見つめているのでしょうかね!

c0186760_2049912.jpg


マレーバクは、定位置に座っていましたが、少しの間、起きてくれたので、写真を撮りました。
赤ちゃん生まれるかなぁ~ッ!?期待しています!

c0186760_2050457.jpg


もともと岩場に住んでいるというゴールデンターキンですから、岩の上がお似合いです!

c0186760_20513758.jpg


クロサイくんは木枯らし紋次郎(例えが古い!)を演じていました。
隅っこで寝ていることが多いので、ラッキーでした!

c0186760_20521049.jpg


ヒマラヤタールの群れの中を見ますと何やら小さなものがかたまっているところがありまして、写真に撮ってみたら、赤ちゃんがたくさんいました。
こんなに小さな赤ちゃんでも、崖の上は得意です!

c0186760_20525833.jpg


この間まで、1頭だったアカカンガルーが3頭に増えていました。
1頭だけだと寝てばかりのカンガルーも、3頭になると活発に動くようになったそうです!
(と言いながら、寝てる写真ですけども!)
他の動物園と違って、柵も檻もないですから、じっくり観察するのに適しているかも!


(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)

続きは、ふれあい広場編へ
[PR]
by speed-swing | 2011-06-07 19:48 | アドベンチャーワールド | Comments(0)