さして意味なし、面白くもなし

まだまだ続く、鳥インフルエンザの影響!

アドベンチャーワールドで鳥インフルエンザ対策がとられたのは、平成23年1月30日頃だったと思いますが、その後、和歌山県紀の川市の養鶏場で、鳥インフルエンザの発生が確認され、アドベンチャーワールドの対策も厳重になりました。

昨日、アドベンチャーワールドに行きますと、モモイロペリカンが避難しているバードゲージに白い網が巻かれており、網越し、柵越しにしか、カンちゃんに会えなくなり、ペリカンさんの写真は撮れなくなってしまいました。

c0186760_16201578.jpg

幸い紀の川市の養鶏場の鳥インフルエンザは、周りに拡散することなく終わりましたので、安全性は増しましたが、まだ、近隣の県では発生しており、予断は許されない状況です。

c0186760_1620202.jpg

以前、スカイコンタクトに嵌って写真を撮っていた頃に、スタッフに「猛禽類がお好きなのですか?」と聞かれて、「いや、そうでもない。」と答えたりもしましたが、今、振り返ると、鳥の写真が撮れなくなるとアドベンチャーワールドでも案外被写体の困るものです。

c0186760_1620264.jpg

今、アドベンチャーワールドで写真が撮れるスポットは、ファミリー広場のハリスホークとハクトウワシぐらいになりました。
ここでしたら、望遠レンズを利用して、網を消して、どうにか写真が撮れます。

c0186760_16203248.jpg

猛禽類は特に目の表情が豊かで、顔だけ撮っていても、なかなか楽しかったりするのです。
特にフクロウ類は、完全に私のことを見下し(?)ますしね!

見下されて嬉しいわけではないのですが、それでも、感情を汲み取れることで、コミュニケーションを感じられますから、嬉しくなるわけです。

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)

もう少し暖かくなると、インフルエンザの流行時期は終わりますから、4月頃には、通常の展示に戻るのではないかと期待しております。

白い網越しでも、私に気付くカンちゃんは、やっぱりカワイイです!
また、写真が撮りたいです!
[PR]
by speed-swing | 2011-03-20 16:48 | アドベンチャーワールド | Comments(0)