さして意味なし、面白くもなし

マリンライブのサイン!

3年ぐらいアドベンチャーワールドに通ってマリンライブの写真を撮っていたのですが、演技そのものを撮影していました。

これはこれでとても難しく奥が深いものですから、満足いくものはそうそう撮れませんが、マリンライブの撮影ポイントはそれだけではないそうです。

c0186760_2231680.jpg

『CLUB AWS』のメンバーで、マリンライブをこよなく愛している?方と親しくなったのですが、その方の写真撮影のポイントを伺って、とても感銘を受けました。(ちょっと大げさ!?)

c0186760_22311419.jpg

イルカとトレーナーとの関わりは、水芸と呼ばれるトレーナーが水中に入っての演技が注目されますが、イルカが演技をするのはトレーナーが指示を出すからで、少し地味ですが、とても重要なポイントだということです。

c0186760_22312026.jpg

トレーナーがイルカに出す指示は、言葉を使っているわけではありません。
ご覧になると分かるのですが、ジェスチャーと笛を使っています。

c0186760_22312578.jpg

ジェスチャーは小さな動きではなく、手足を大きく動かしてイルカたちに見せています。
よく見るとこれがなかなか格好良いのです。

c0186760_22313233.jpg

当然、目の前にイルカを置いて、指示を出すわけですから、指示を受けたイルカは、すぐに動き始めます。

そこで、トレーナーの決めポーズと動きイルカがマッチした構図の写真を撮ることができれば、とても、素敵な写真になるのではないかということです。

c0186760_22313817.jpg

そのお話を聞いたのとその方が撮った写真を見せていただいたので、この間から挑戦しているのですが、これがなかなか難しいのです!

教えてもらってはいたのですが、トレーナーのジェスチャーには個性がありますし、イルカたちもトレーナーの決めポーズの前に反応し、動き始めているのです。

きっちりファインダーの枠内に収めるのは腕の悪い私にとっては至難の業となっています。

c0186760_2231442.jpg

ということで、今日撮れた写真はこんな感じです。
今後、進歩するかどうか、とても楽しみです。

(OLYMPUS E-5 ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2010-11-13 22:59 | アドベンチャーワールド | Comments(0)