さして意味なし、面白くもなし

アドベン達人!恐るべし!

一人30,000円、二人で54,000円という少しお高い感じのする年会費で昨年秋まで『CLUB AWS』のメンバーを募集していました。最初はお客さんに受け入れられなくてアドベンチャーワールドが定めた人数になるまでに少し時間がかかっていたようです。
私たち夫婦が一年半前に『CLUB AWS』に入会しようと相談しますと、会費がお高いようでしたら、奥様は入会されず、ご主人だけでもどうですかと余りにも積極性のない勧誘をするぐらい、めちゃ、弱気な営業をされていました。
それでも、徐々に入会する人が増えたようで、昨年秋で募集を終了してから、今は再開の気配も感じません。

実は、入会はしましたが、特に会費の管理をするようなメンバーでないため、何人の方がメンバーになっているのか、スタッフに伺ったこともないので、知らないままです。
だいたい100人程度でないかという話を聞いたことがありますが、真偽の程はわかりません。

c0186760_19411180.jpg

メンバーの数が肝心なのではなく、私は月3~5回ほどアドベンチャーワールドに通っているのですが、その際お会いする『CLUB AWS』のメンバーは、いい加減な記憶ですが、来られているのは30名前後で、特に良くお会いするのは15名以下ではないかと思います。

動物好きとは言え、ほとんど繋がりがない方々の集まりですから、同じ待合室にいても、むやみにお話はすることはしないようにしておりました。
ですから、このブログで知り合ったメンバーと懇意にさせていただいている以外はそれほど話もせずに過ごしていました。

c0186760_19413261.jpg

しかしながら、昨日は前日の興奮冷めやらずという状況で、普段はほとんど話をしないメンバーの方に話しかけて、お話をいろいろ伺うことになりました。
その場に同席をされて、前から何度かお見受けしていた方はそこではお話をされなかったのですが、私が唯一懇意にさせていただいているメンバーとはお話をされて、心当たりのある方ではないかと気になっていたところ、幸い、入場後ミライちゃんの展示室の前で、話しかけていただき、以前よりmixiでなかなか気になっていたアドベン通の方であることが判明したのです。
その方も私のブログも見ていただいていたようで、少し親近感が沸きました。

c0186760_1941516.jpg

アドベンチャーワールドの楽しみ方はメンバー各々千差万別で、ところどころでお会いすることはあっても、広い園内を一緒に行動することはありません。
そんな訳で、どのような楽しみ方をされているかは、全く不明でありました。

私は、私なりに毎回楽しくて楽しくて仕方がない過ごし方をしていると思っていたのですが、皆さんの楽しまれ方を聞くとどうも私の楽しみ方はレベル的に青二才ではないかと思ったわけです。

c0186760_1942956.jpg

私は、写真を撮るのが趣味ということもあって、たくさんの動物の写真をたくさん撮りたいがために太い体に鞭を打ちながらあちこちに参上する楽しみ方をしています。
それでも、スタッフと交流もできるようになりますし、それはそれで正しい楽しみ方だと思っています。

ただ、他のメンバーのお話を伺うとベストな選択ではなさそうです。

c0186760_19423385.jpg

達人の過ごし方は、一極集中型です。

アドベンチャーワールドには、マリンライブとパンダランドという超人気スポットがあります。
達人はどちらかをメインに、他のエリアに遠征もされるスタイルで楽しまれているようです。
マリンライブがメインの人は、日に3回あるライブをほぼすべて観覧し、パンダがメインの方は、いつ見てもパンダランドにいらっしゃるという感じです。

私のようにメインスポットのない人(カンちゃんがメインではないのかという話はさておき!?)は、どうしても、お客さん対応が好きなスタッフや接客スキルの高いスタッフとの交流が中心になりがちですが、メインスポットを持っている方は、それ以外のどちらかというとお客さんとの交流が苦手そうなスタッフや慣れていなさそうなスタッフの心も上手に掴んじゃうんですよね!

c0186760_19424942.jpg

ここが私と違うところです!

確かにとても広いアドベンチャーワールドではありますが、それをすべて満喫するのは何度通ってもなかなかできることではありません。
もし、年に数回通われるのであれば、メインスポットを決めて徹底的に楽しまれるのが、最善でないかと思います。そうするとスタッフからコアな情報を得られてますます楽しみになるというものです。
こんな風に考えるとメインスポットとなりうる場所はたくさんあるように思いました。

年に何度も通うなんてと思われる方もいるでしょう。
ただ、『CULB AWS』のスーパーリピーターの自宅からアドベンチャーワールドまでの移動時間は私も2時間以上掛かりますが、それ以外のメンバーも近場の方はそんなにいなかったように思います。

でもね、究極の楽しみ方は、そんな達人の後ろについていくことかもしれませんね!
私一人では絶対に成し得ないサプライズを、昨日、演出してもらいました。
ますますアドベンチャーワールドが楽しくなりました!

達人に向かってちょっと自慢できることは、カンちゃんとの関わりですが、達人たちはそんなに興味がなさそうなので、自慢になりません。

でも、カンちゃんも昨日サプライズを起こしてくれましたので、また、あとで記事にアップしますね!

(OLYMPUS E-3、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2010-08-30 20:54 | アドベンチャーワールド | Comments(0)