さして意味なし、面白くもなし

『どんだけ、好きやねん!!』

ちょっと、モモイロペリカンの話題を取り上げてみたいと思います!

c0186760_8271054.jpg

8月19日にペリカンの池の掃除をするために、池の水を抜いていました。
水の抜かれた池に降りて、ペリカンが歩いていたところに私が寄りましたら、正面に立って、カメラ目線です!

c0186760_8272197.jpg

ポーズも変えて、やはりカメラ目線です!

スタッフが池の底をブラシでゴシゴシ擦り始めたので、私は場所を移動したのですが、青タグのペリカンはついてきました。
そこでパチリとカメラ目線で撮りました!

c0186760_8273019.jpg

この時、ペリカンが私を追いかけている姿に気付いたスタッフが笑ってました。

c0186760_8273886.jpg

この後、14時30分からのモモイロペリカンの食事タイムにも寄ったのですが、私のことが気になるのか、スタッフが説明していて、餌がもらえないときは、私の方を見ておりました。
一通りの説明が終わり、お客さんからペリカンに餌をあげることになったのですが、餌が余ったので、スタッフが声を掛けてくれて、嫁さんと私が餌をあげました。
餌をあげ終わって、手を洗いに行ったところ、私が移動する後ろを着いて、柵を跳び越えようとしていたそうです!
それを見ていたスタッフが、『どんだけ、好きやねん!!』と仰ってました。

c0186760_8274621.jpg

そして、モモイロペリカンは、イベントをしていた場所から、展示場に戻ることになるのですが、柵を開けたらすぐに私の側に寄ってくるので、私と一緒に展示場の出入り口まで、一緒に歩いて行きましたとさ!

(OLYMPUS E-3、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD9
(OLYMPUS E-30、ZD 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱ)




ちょっと長いので・・・、

この後、青タグペリカンは、18時15分からのアニマルアクションに出演していますから、ワゴン車でアニマルランドまで連れて行かれるのですが、出演が終われば戻ってくるわけで、戻ってくるのをベニコンゴウインコの鳥舎の横で待つことにしました。

そうしましたら、戻ってきて、すぐに私に気付いたのか、一直線に私の側に寄り、スタッフの誘導に従いませんでした。
それで、私がまたまた展示場の出入り口まで歩いていきますと、とても、素直についてきてくれた次第です!

これ以降の写真は、8月22日の分です。

c0186760_8283183.jpg

朝一番に、ペリカンの展示場によりましたら、サービスが良くて、岩の上に乗ってくれ、ポーズをつけてくれました。

c0186760_8284365.jpg

相も変わらず、カメラに目線をくれます!モデルとしては、最高です!

c0186760_8285244.jpg

そこで、とても気になったのが、私をどの辺りから見つけられるのかということです。
目の前に行って、区別がつくならまぁ普通です!
もともとペリカンは人の区別が付くそうで、新人スタッフなどには威嚇をしたりすることがあるそうですから、特段不思議ではないようなのですが、私は、1週間に1回ぐらいしか(客としては多すぎ?)アドベンチャーワールドに行きませんので、ましてや、いつ行くかも分らないわけですし、いつも同じ服を着ているわけではないのですから、そうそう見つけられる訳はないと思うのですが・・・!?

上の写真は、完璧に私を見つけています!
ふれあいの里からコツメカワウソの展示場に寄ったところ、たまたま池を泳いでた青タグペリカンは私を見つけたようで、私が一番近くで見える位置を選んでいました。

c0186760_829293.jpg

で、どんな状況で私を見つけたかといいますと、丁度、コツメカワウソの食事タイムの頃でしたから、写真のようにたくさんの人が展示場を囲んでいました!
こんな時でも、見つけることができるようです。
どこで、見分けているのかとても不思議です!
私の特徴は、背の高さはそこそこで、腹が出ていて、足が短く、汗をたくさんかいて、カメラを首からかけて、カメラバックを背負っているという余り特徴のない姿をしていますので、本当に不思議です!?

c0186760_8331595.jpg

これは、8月22日の食事タイムです。
『昨日はとても空いてました!』の記事に書いた新人さんがデビューしていました。
ただ、様子はすでにもう何度も経験しているようで、余りにも立派で、笑えるところは無かったです。残念!

青タグペリカンは、この写真もそうですが、餌をもらえないと、私の方を見ています!?
8月19日の食事タイムで乗り越えようとした柵はこの柵です!
この後も、展示場に戻る際、私の側に寄ってきたので、出入り口の方まで私も歩いて行きました。

c0186760_8333080.jpg

この日も、アニマルアクションに出演するために、ワゴン車に乗るのですが、ワゴン車の前に私がいたところ、運転席と助手席の間から顔を出して、スタッフが運転し辛そうにしていたため、私が車の後方にまわったところ、素直に後ろに移動してくれました!

そして、アニマルアクション終了後展示場に戻ってくるのを待っていたら、大きな鳴き声を上げて、一直線に私の側に寄って来ました。
そして、スタッフに嘴を握られて、展示場の出入り口に連れていかれました。

ほんと不思議ですが、『どんだけ、好きやねん!!』です!
私にとっても、人生最大のモテ期ですね!?

余りにも嘘っぽい話ですが、どこまで、本当なのか、私にも分りません!?
[PR]
by speed-swing | 2009-08-23 10:00 | アドベンチャーワールド | Comments(0)