さして意味なし、面白くもなし

ジープサファリ探検ツアー 夜間の部

前回、『ジープサファリ探検ツアー』に参加してから1ヶ月以上が過ぎました。
せっかく仲良くなった?スタッフともほとんど会話ができなくなったので、これは良くないと再度ツアーに参加することにしました。
ただ、日中のツアーでは3度目になっちゃうので、今度は夜のツアーに申し込もうと決めました。
『CLUB AWS』の特典、ツアー事前予約は、当日の思い付きのツアー参加では使えないので、エントランスドームでの受付が終了して、ケニア号乗り場で受付を開始する時間まで、ケニア号のスーパーシートに乗って時間を潰しました。
午前中は、大雨でしたので、まともな写真が撮れませんでしたが、動物たちは雨は案外平気なようですね!
ライオンもビショビショになってましたが、雨を避けるわけでもなく、いつも通りボーっとしてました。

無事ケニア号乗り場に戻ってきて、ツアーの予約状況を確認すると19時発のツアーは空きが9名ということで、申込者はいませんでした。
早速、予約を入れ、ツアー開始時間を待ったのでした。

この日は、結局、雨の中のケニア号、ウォーキングサファリ、夕方のケニア号、夜のジープサファリ探検ツアーと4度、サファリワールドを楽しむことになりました。

c0186760_20512581.jpg

ウォーキングサファリと夕方のケニア号の後、予約状況を確認しに行くと空き7名と表示されていて、私たち以外申込みがない状況でした。

で、結局、私たちのみの『ジープサファリ探検ツアー』となったのです。
私たちが申し込まなかったら、スタッフは少し早めに帰宅できたかもしれないのにと申し訳なくなりましたとさ!

実は、そんなことはツアーが終わるまで思いもしなくて、「シュッパーツ」の掛け声で、ウキウキしながら、ツアーが始まります。

この時期、午後7時になりますと相当薄暗くなりまして、カメラのファインダーを覗いても真っ暗で、写真も撮れる状況ではないように思いましたが、車から照らすライトで、白いラマは目立ちました!

c0186760_20514052.jpg

ライオンのそばに車を寄せて、ライトアップしますので、これも写真が撮れました。

c0186760_205201.jpg

あんまり写真が撮れないまま、ワイルドアニマルロッヂに到着です!
お出迎えは、チーターです。

3度目のツアー参加ですから、スタッフの案内も定例のものではなく、ところどころ世間話を入れながら、こちらの質問や話題に沿う形で、説明をしてくれました。

c0186760_20522313.jpg

7月10日生まれのライオンの赤ちゃんとそのママです!
ママの顔はとても大きいです!

c0186760_20523512.jpg

こちらは、7月6日生まれのライオンの赤ちゃんです!
この赤ちゃんたちは一般公開されていませんので、会うためには、ワイルドアニマルロッヂに来なくてはなりません。

重大な期待はずれがありました。
ライオンの咆哮がうるさいと職員宿舎生活のスタッフはほぼ100%仰るのですが、私たちがいる間とてもお行儀が良く、咆哮が聞けませんでした。
夜のツアー参加の目的のひとつが、咆哮を聞いて、ビビルというものでしたら、この点では、大いに残念・無念でした!

c0186760_2053550.jpg

アムールトラです!
このツアーが終わるまで、運動場で待機です!

c0186760_20533527.jpg

これは、感動しました。
前回は、キリンテラスからの餌やりでしたが、今回は夜間のため、キリンが獣舎戻ってからのふれあいとなりました。
階段を上がり、餌場まで行きますと餌を食べているキリンの頭が腰ぐらいの位置になります。
思わず角の先っぽを触ってしました。どんな感じだったかは、表現力が足りなくて言い表せません!

キリンに関しても少し詳しくなりました。

アドベンチャーワールドには3頭のキリンがいるのですが、全部オスです!詳しいでしょう!?

ではなくて、アミメキリンとマサイキリンの模様の違いはじっと見ればわかります!大きさも今は違います。
ただ、アミメキリンの2頭は、年齢も同じで、大きさもほとんど変わらないので、見分けが付きにくいです。
でも、大きな違いを発見しました。

現地に行かれた時には、2頭の尻尾の先を見てください。
毛がフサフサしているのと毛がないのがいます。
毛のないほうがアドベンチャーワールドのキリンの中で力が一番上だそうで、威張ってます!
で、何故毛がないのかといいますといたずら好きなシマウマが齧ったそうです!

この間は、ダチョウがキリンの尻尾を啄ばんでいましたが、実は、シマウマも噛むのだそうです!

早く行かないともう1頭のキリンも尻尾の毛も齧られちゃうかも!?

(OLYMPUS E-3、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
(OLYMPUS E-30、ZD 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱ)
[PR]
by speed-swing | 2009-08-10 22:02 | アドベンチャーワールド | Comments(0)