さして意味なし、面白くもなし

雨の日は、ポップアートでばっちり!

曇天や雨の日は、気持ちの良い色合いになり辛く、下手くそがとると、撮っただけ写真になりやすいですが、E-30を手に入れてからは、取り敢えずポップアートで撮れば、メリハリのある良い写真になるはずとバカの一つ覚えで撮ってます。

c0186760_20152151.jpg

これはいつものレッサーパンダです。
ポップアートの被写体は、原色系のものが似合うのでしょうが、私にとっては、レッサーパンダ=ポップアートになってます。雨の日は目で見た色と写真に写った色に、ギャップが特に大きく写真が上手くなったように思います。

c0186760_20153899.jpg

勢い余って、ゾウさんもポップアートで撮ってしまいました。普通に撮っていればただの茶色かと思っていましたが、鼻の根元辺りは緑色にもなっているし、茶色の濃淡も大きく違い、なかなかおもしろいと思ってしまいました。でも、少し邪道ですかね!

c0186760_20155323.jpg

オオコノハズクです。夜行性の鳥で、晴れた日に、「スカイコンタクト」に出演すると見事にまぶしそうにしており、ほとんど目を開けませんが、雨の日は、大きく目を見開いています。瞳の周りのオレンジ色が特徴です。
手のひらサイズの鳥ですが、なかなか、凛々しく格好いいです。フクロウ類は、どうも私より威厳があります。完全に格負けしています。

ちょっとピン甘、ブレブレなのはご容赦下さい。
それにしても、茶色い動物ばかりポップアートで撮ってました。完全なる勘違い作例ですね!?

(OLYMPUS E-30、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD)
[PR]
by speed-swing | 2009-03-24 20:36 | アドベンチャーワールド | Comments(0)